最新情報

新型ステーションワゴン「SHUTTLE(シャトル)」発売!2015.05.15

カテゴリー:新型車・特別仕様車

150515_shuttle01.jpg新型コンパクトステーションワゴン「SHUTTLE(シャトル)」を、5月15日(金)に発売します。

シャトルは、5ナンバーサイズの扱いやすさや優れた燃費性能と、堂々とした存在感あふれるスタイリッシュフォルム、クラス最大※1の広さを誇るフラットなラゲッジスペース、上質な走りを融合した新しいコンパクトステーションワゴンです。

ガソリン車には軽快な走りを提供する1.5L直噴DOHC i-VTECエンジンを、ハイブリッド車には環境性能とスポーティーな走りを融合したハイブリッドシステム「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド) i-DCD※2」をそれぞれ採用。ハイブリッド車はクラストップ※1となる34.0km/L(JC08モード)※3という優れた燃費性能を達成しました。また、5ナンバーステーションワゴンのハイブリッド車として初めて4WDを設定※4しています。

使いやすさと上質感を追求した、クラス最大※1のラゲッジスペースは、容量はもちろん、大きな開口部やフラットな床面、荷物に応じて使い分けられる便利で豊富な収納スペースなど、快適な使い勝手も実現しています。

※1 5ナンバーステーションワゴンとして。Honda調べ(2015年4月現在)

※2 i-DCDは、Intelligent Dual Clutch Drive(インテリジェント・デュアル・クラッチ・ドライブ)の略
※3 HYBRID(FF)メーカーオプション非装着車。国土交通省審査値
※4 Honda調べ(2015年4月現在)

【シャトルの主な特長】

■躍動的で存在感のあるスタイリッシュなエクステリアデザイン
・コンパクトワゴンでありながら、流麗で伸びやかなルーフラインと、存在感あふれるダイナミックなロアボディにより、ステーションワゴンとしての機能を最大化しながら、新しい価値を体現する独創のスタイリッシュフォルムを実現。

・フロントグリルとヘッドライトを一体的に造形することで、さらに進化したHondaのデザインアイデンティティー「ソリッド・ウイング・フェイス」が、ワイドで先進的なイメージを強調し、力強く、シャープな印象を与えます。

150515_shuttle02.jpg

・インラインタイプのLEDヘッドライト※5を新たに開発。LED光源をリフレクターで反射させる構造により、ヘッドライト全体がひとつの面のように光るデザインを実現。ヘッドライトに、シャープな印象を与えるライン状のポジションランプを組み合わせることで、フロントグリルとの一体感をより高めています。

※5 タイプ別設定

150515_shuttle03.jpg

■卓越した質感と使いやすさで、乗る人の心を満たすインテリアデザイン

・柔らかい触り心地の大型ソフトパッドを大胆に取り入れたダッシュボードの中央には、ドライバーを包み込むように広がる先進的なクリスタルブラックパネルを配置。高品位な質感が、くつろぎの室内空間を演出します。

150515_shuttle04.jpg

・運転席と助手席に、パーソナルな空間を創出するハイデッキセンターコンソールを採用。大型アームレストを備えるとともに、ドリンクホルダーやトレイ、フロントコンソールポケットを運転席と助手席から手の届きやすいように配置。また、タブレット端末も入る大型コンソールボックスを設けるなど、乗る人にとってくつろぎと快適な使い勝手を実現しています。

150515_shuttle05.jpg

・シート素材は、極細繊維を用いて高密度構造とすることで、スウェードを上回る滑らかで柔らかな触感を追求。思わず触れてみたくなるような新しい質感を実現しました。

150515_shuttle06.jpg

■広くて使いやすい、ステーションワゴンの空間価値を最大化したパッケージングと優れた取り回し
・5ナンバーサイズのコンパクトなボディーでありながら、広々とした室内空間を実現。
・5名乗車時で、荷室容量はクラス最大の570L※6を確保。後席を倒した2名乗車時には、荷室長は最大184cm、荷室容量は最大1,141Lまで拡大します。
・フラットな床面に加え、リア開口部は大きく低くすることで荷物の積み降ろしがしやすく、使い勝手の良いラゲッジスペースとしています。
・開放感のある頭上スペースを確保しながら、ほとんどの立体駐車場に入庫可能※7な全高1,545mm※8を実現しました。

※6 HYBRID(FF)の場合。床下収納スペース(30L)を含む。数値はVDA方式によるHonda測定値

※7 すべての立体駐車場に入庫可能とは限りません。また車両の状態により、表示上では入庫可能な駐車場でも、車高検知センサーによる警告や車高制限バーへの干渉で入庫できない場合などがあります。入庫の際には必ずご確認ください。
※8 4WD車は1,570mm

150515_shuttle07.jpg■乗る人に心から快適に使っていただける、工夫を凝らしたラゲッジ装備

・大切な小物などを置けるスペースとして、後席のシートバックに「マルチユースバスケット」を装備。左右別々に使うことができ、リアシートからも簡単に手が届きます。また、使わないときは折りたたむことができます。(HYBRID X、HYBRID Z)

150515_shuttle08.jpg・汚れに強い樹脂素材を使った「ラゲッジアンダーボックス」は、泥の付いた靴なども気軽に積み込むことが可能。

■クラストップの低燃費と力強い走りを実現するSPORT HYBRID i-DCD

・ハイブリッド車には、1.5LアトキンソンサイクルDOHC i-VTECエンジンに高出力モーター内蔵7速DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)、リチウムイオンバッテリーとパワードライブユニットを一体化したIPU(インテリジェント パワーユニット)を組み合わせたSPORT HYBRID i-DCDを採用。クラストップとなる34.0km/Lの低燃費を達成しました。
・5ナンバーステーションワゴンのハイブリッド車として初めて4WDを設定。軽量でコンパクトなビスカスカップリング式4WDシステムを採用することで、ハイブリッド車ならではの低燃費に加え、寒冷地や降雪地域など滑りやすい路面での運転に、安心感をもたらします。

■上質な移動空間を実現する、こだわり抜いた乗り心地と静粛性

・ロングドライブでも疲れにくい快適な乗り心地と、軽快かつ安定感のある走りの実現のため、専用設計のステアリング、サスペンションシステムを採用しました。さらにHYBRID X、HYBRID Zにはフロントとリアに振幅感応型ダンパーを採用し、乗り心地と操縦安定性を高めました。
・遮音樹脂層を挟み込んだ遮音ガラス採用のフロントウインドウ※9や吸音タイプのフロアアンダーカバーといった、遮音・吸音効果を高めるこだわりの技術を各所に投入。高速クルージング時でも会話が楽しめる、高い静粛性を実現しています。
・より楽しいドライビングと高い走行安定感を両立するため、剛性を高める補強とバランスの最適化を各所に施すことで、ワインディングロードでの爽快なハンドリングを実現。高速道路でのレーンチェンジ時などにも効果を実感していただけます。

※9 ハイブリッド車のみ

詳しくはこちらもご覧ください。(Hondaホームページ)

http://www.honda.co.jp/SHUTTLE/

上に戻る