最新情報

SHUTTLEがマイナーモデルチェンジ。2019.05.10

カテゴリー:新型車・特別仕様車

190510_shuttle01.jpg優れた実用性とスタイリッシュなデザインでご好評いただいているコンパクトステーションワゴン「SHUTTLE(シャトル)」の内外装デザインを刷新するとともに、さらに機能を充実させたNEW SHUTTLEを本日発売します。

190510_shuttle02.jpgシャトルは5ナンバーサイズの扱いやすいコンパクトなボディーや優れた燃費性能※1と、Honda独創のセンタータンクレイアウトにより実現した多彩なシートアレンジや広く快適な室内空間が特長です。レバーを引くだけの簡単な操作で後席を前に折りたたむと、最長184cm※2のフラットな荷室空間が生まれます。


190510_shuttle03.jpg190510_shuttle04.jpg

今回のマイナーモデルチェンジでは、より上質感を追求し内外装デザインを刷新しました。また、防音材の見直しによる静粛性の向上※3、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」にオートハイビームの追加※4など、さまざまな領域で商品の魅力をより一層高めました。

190510_shuttle05.jpg<主な変更点>
●上質感を追求したシャープで流麗なエクステリア
低重心でワイドなスタイリングを目指し、前後バンパーとフォグライト※5の形状を変更。さらに、テールゲートとリアコンビネーションランプのデザインを一新し、リアビューのシャープさを際立たせました。また、アウタードアハンドル※6、フロント・リアバンパーまわり※5やサイドシルモール※6など随所にクロームメッキパーツを配し、上質感を追求しました。

●特別感を演出する質感の高いインテリア

インテリアの加飾には、上品な光沢感のあるピアノブラックを採用※6。シートデザインを刷新するとともに、新たに本革シートを設定※7し、仕立てのよさにこだわった質の高いインテリアとしました。また、リアセンターアームレストへのカップホルダーの追加※3により使い勝手も向上させました。

●Honda SENSINGにオートハイビームを追加

従来の8機能に加え、オートハイビーム※4を追加。前走車や対向車を検知してハイ/ロービームを自動で切り替え、良好な視界確保に貢献するとともに、切り替え操作の頻度の低減にもつながります(サポカーSワイド該当)。

※1 JC08モード33.2km/L、WLTCモード25.2km/L。HYBRID・Honda SENSING(FF)の国土交通省審査値

※ 燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります
※ WLTCモード:市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード
※2 2名乗車時。フロントシート背面からテールゲートまでの長さ
※3 HYBRID X・Honda SENSING/HYBRID Z・Honda SENSINGに設定
※4 LEDヘッドライト装着車に設定
※5 HYBRID X・Honda SENSING/HYBRID Z・Honda SENSING/LEDヘッドライト装着車に設定
※6 HYBRID Z・Honda SENSINGに設定

詳しくはこちらもご覧ください。(Hondaホームページ)

https://www.honda.co.jp/SHUTTLE/

上に戻る